カマグラゴールドは本当に効果がある?

日本未承認薬のカマグラゴールドは、本当に効果があるお薬なのでしょうか?
いくら先発薬であるバイアグラと同じ成分を配合しているからといえ、「本当は効果なんてないのでは?」と思っている人もいるはずです。

そんな疑問を持っている人のために、本記事ではカマグラゴールドの効果について記述していきます。

有効成分が同じということは、先発薬と同等の効果が期待できるといっても過言ではありません。
ただ、効果・効能に関してはやはり個人差が生まれるということもきちんと把握しておきましょう。

カマグラゴールドの効果について

効果はあるのか
カマグラゴールドは、体内の血流を促進することで性行為時の勃起をサポートします。
まずは勃起が起きる仕組みからチェックしていきましょう。

勃起とは性的刺激や興奮を受けると、性器の血管が一気に拡張してペニスにたくさんの血液が送られることで生じる生理現象です。
ペニスには無数の毛細血管が集合しています。その血管が拡張して、十分な血液が送られることにより勃起を生じるのです。

EDを抱えている人は、この血管拡張が上手に行われていません。
血管を拡張するには環状グアノシンリン酸という物質が働いていますが、その物質の働きを邪魔するPDE5という酵素も存在しています。
PDE5は環状グアノシンリン酸を分解する役目があり、いつも勃起している状態にならないように働いているのです。
しかし、ED患者の人はこのPDE5が働きすぎており、性的興奮や刺激を感じ取っても環状グアノシンリン酸を分解し続けているので勃起が起きません。

そんな状況を打破するのがカマグラゴールドです。
有効成分であるシルデナフィルは、血管拡張作用がうまくいくようにPDE5の働きをブロック。
PDE5の働きを抑制することによって、通常通り勃起を起こすように働きかけるのです。

特に器質性EDを抱えている人にピッタリの薬ですが、ストレスやトラウマからくる心因性EDの人にも有効だといえます。

もちろん年齢による筋肉の衰えが原因である、衰弱性EDにも最適だといわれています。

飲んだだけでは勃起しません

カマグラゴールドを飲めば勝手に勃起してくれる!と勘違いする人がまれにいますが、それは違います。
勃起は性的刺激や性的興奮を脳内が感じ取って初めて生じます。
これは薬を飲んでも同じです。
そのため、カマグラゴールドを飲んだ日はマスターベーションか本番の性行為でトライしてみる必要があります。

飲んでも効果がない場合がある?

効果がない
カマグラゴールドを実際に飲んだ人の中には、「効果なんてなかった!」と苦い体験をしている人もいます。
先発薬であるバイアグラでも同じことがいえますが、ED治療薬を飲んで効果がなかったという人の8割は服用方法が間違っていたのが原因といわれています。

カマグラゴールドは繊細なお薬なので、服用方法をしっかりと事前に調べておく必要があります。

例えば以下の方法で飲むのは絶対NGです。

【効果が得られない飲み方】

・アルコールと一緒に飲んだ
・食後や食前に使用した
・そもそも身体と成分量が合っていない

上記の点は飲むうえで気を付けなればなりません。
カマグラゴールドは、空腹状態で性行為の30分~1時間前に水・またはぬるま湯で服用するのが基本。
使用する際には服用方法をしっかりと守りましょう。

また、空腹時に飲んでも効果が得られないケースもあります。

肥満体型の人や高血圧、うつ病薬の影響によるEDの方にはカマグラゴールド50mgでも満足のいく効果が得られない場合があるのです。

持病がある人、または他の薬を既に飲んでいる人は専門医にかならず相談してから服用したほうがいいといえますね。

※カマグラゴールドの正しい飲み方はコチラから

「飲み続けると効果がなくなる」は間違い

効果がなくなる
カマグラゴールドは「飲み続けると効果がなくなる」と勘違いされがちな薬です。
これは他のED治療薬でもいえることですが、カマグラゴールドは基本的に薬物耐性はないといわれています。
先発薬であるバイアグラでも同じで、飲むたびに身体に耐性がついてしまうというのは間違った認識なんです。
使い続けることによって身体へ悪影響をもたらすこともないといわれています。

有効成分のシルデナフィルは血管拡張作用があることから、体内の血流がアップするため血管の健康が保たれる可能性を秘めています。

カマグラゴールドでナイトライフに充実感を

EDを抱えている人は、ED治療薬を使用してどんどん自分に自信をもつことが大切です。
「自分なんて」と思い続けてしまうと、治療を始める気にもならず自信を喪失していくばかり。
自信のない状態が続くと、器質性EDだった人が心因性EDにもなったという事態になりかねません。

ED症状に悩んでいる人は、勇気のある一歩で治療にトライしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする