狭心症の薬と併用できる?カマグラゴールドの禁忌事項

本記事では、カマグラゴールドの禁忌事項について詳しくお伝えしていきます。

カマグラゴールドには相性の悪い飲み合わせの薬がたくさんあります。
たとえば、狭心症薬であるニトログリセリン。
併用をしてしまうと最悪死にいたる場合もあります。

「セックスを楽しみたかっただけなのに!」と思っていても、併用することで身体に重大な負担がかかってしまっては性行為どころではありません。

危険を招かないためにも、カマグラゴールドの禁忌事項をチェックしておきましょう。

狭心症薬との併用が危険なワケ

併用禁忌薬
カマグラゴールドに含まれるシルデナフィルは、狭心症薬として開発が進められていたという事実を知っていますか?

1990年代前半にイギリスにあった、ファイザー・サンドウィッチ研究開発と呼ばれるファイザー社の研究機関でシルデナフィルの開発が進められていました。
もともと狭心症薬として研究が積み重ねられていましたが、投薬しても狭心症を改善できる成分ではないことが判明。
治験を行っていた被験者からシルデナフィルを回収症としたところ、被験者がなかなか薬を返そうとしません。
理由を聞くと、勃起力を改善することが分かったのです。
それからはEDを治療する薬として開発が進められて、バイアグラが誕生しました。

そのためシルデナフィルは狭心症薬と作用が似ているといえます。
狭心症薬とシルデナフィルは、血管を拡張して血圧が低下するという特徴があります。
この2つを併用すると、相乗効果が発生して急激に血圧が低下。

血圧が低下することは、心臓への負担軽減となるためいいことではあります。
しかしながら、ちゃんと勃起している自分のいちもつをみて冷静になれる男性がいるでしょうか?
テンションが上がってしまい、ドキドキ感が止まらなくなるはずです。
すると結果的に血圧が低下したまま、心臓に負担がかかり危険な状況を招くのです。

狭心症患者でなくとも、もともと心臓に病気を抱えている人や心血管系の持病を抱えている人はカマグラゴールドを服用してはいけません。

狭心症薬と併用して危険な目に合った例

バイアグラで死亡
バイアグラが一般市民へと普及し始められたころ、日本ではなかなか認可が下りませんでした。
当時は「夢の新薬」として爆発的に売れていたため、出遅れている日本では欲しくてたまらない人もいたでしょう。
欲しい一心で個人輸入でバイアグラを手にする日本人が現れ始めたのです。
しかし、個人輸入で購入した薬はすべて自分で下調べを行わなければなりません。
薬の特徴をよく知りもしない狭心症薬を普段から服用している男性がバイアグラを飲んだところ、死亡してしまうという事件が起ったのです。

狭心症薬だけじゃない!カマグラゴールドを飲めない人

カマグラゴールドは、狭心症薬の他にも併用してはいけない薬や、そもそも服用してはいけない人もいるといった制限があります。
さっそくチェックしていきましょう。

【併用禁忌薬】

・硝酸薬
・一酸化窒素供与剤
・塩酸アミオダロン
・リオシグアト

【服用できない人】

・心血管系障害
・重度の肝機能障害
・脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴
・網膜色質変性症
・低血圧、高血圧患者
・女性
・未成年

上記の項目に当てはまる人は、カマグラゴールドと薬を併用したり飲んだりしてはいけません。

硝酸薬や一酸化窒素供与剤は死にいたる場合もあり、大変危険です。

カマグラゴールドは個人輸入のみで購入できる医薬品。
そのため、販売しているサイトによってはきちんと情報を載せていない場所もあります。
「飲んではいけないと思ったけど書かれていないからいいかな」と自己判断して飲んでしまい、最悪の状況を招いてしまっては元も子もありません。

普段から薬を服用している人は、きちんと専門医と相談してから服用するかどうかを決めてもらいましょう。

また、未成年に関しては治験をした例がなく、安全性が保証できないという理由で飲めません。
先発薬であるバイアグラも同様に国内の医療機関では、未成年への処方は行っていないのです。

※上記の禁忌事項は一部を抜粋しています。詳しくはコチラから。

他の薬を飲んでいる・病気を治療中の人は医師と相談する!

医者と相談
初めてカマグラゴールドを服用する人は、普段から薬を飲んでいないかまたは持病を抱えていないかをチェックしましょう。

併用禁忌薬に該当する薬を服用している人は、カマグラゴールドを飲めないケースと飲めるケースがあります。
その判断も主治医ときちんと相談する必要があるのです。

自己判断で簡単に購入できるカマグラゴールドだからこそ、服用の前にきちんと禁忌事項をチェックしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする